『「絶望」に声を与えよう。』ジョン・キム

 

人生で

「絶望」

を味わった瞬間はありますか?

 

・目指していた夢に届かなかったとき
・自分と圧倒的な実力の差を感じさせられたとき
・全てがうまくいかず人生を諦めたとき
・自分は一生孤独なんだと感じたとき

 

絶望は様々あります。

もちろん一人一人違います。

 

この著書は、

絶望という感情と向き合い、自分自身や人生のこれからについて

考えていきたい方にオススメです。

 

絶望に声を与えることで、

感情が癒され、救われることを切に願います。

 

【絶望の正体とは!?】

「絶望」

それは、

「長い間放置されてきた感情」です。

 

自分自身の中で、

本当は気づき、

向き合うべきであると感じながらも、

向き合わなかったネガテイブな感情が絶望になります。

 

ですが、

絶望というネガティブな感情。

 

これは、

実悪いものではありません。

 

なぜなら

「不安」、「不満」「恐怖」、

そして「絶望」といったネガティブな感情も

存在を認め、居場所を与え、愛情を注ぐことによって

プラスのエネルギーに変えることができるからです。

 

ネガティブな感情は、

押さえつけてしまいがちですが、

むしろ解放するべきなのです。

 

ネガティブな感情は、

自分を守るため、

必然的に自分の中に発生するものだから。

 

とはいえ、

そう簡単には出来ません。

では、どうするのか?

その答えをこの著書を通して

私とともに見つけていきましょう。

「絶望」に声を与えよう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧