『もうひとつの愛を哲学する―ステイタスの不安』アラン・ド ボトン (著), Alain de Botton (原著), 安引 宏 (翻訳)

  • HOME
  • ブログ
  • 成功法則
  • 『もうひとつの愛を哲学する―ステイタスの不安』アラン・ド ボトン (著), Alain de Botton (原著), 安引 宏 (翻訳)

金持ちになる。

いい会社に入る。

有名になる。

誰もがステイタスを求めて生きています。

しかし、

ステイタスが私たちの人生を幸せにするのでしょうか?

本当にステイタスは必要なものなのでしょうか?

よく考えてみてください。

大半の人たちがステータスを手にいれているでしょうか?

現実は、手に入れることができず、

不安に陥り、傷つき、出来ないと自分を責めるはずです。

そもそものステータスに疑問を持ち考えれば、

不安に陥ることもなければ傷つくこともないと思います。

著者は「性的な愛」と「世間からの愛」

この二つのうち「世間からの愛が」ステイタスに駆り立てると語ってます。

世間から愛されない、だから贅沢といったお金や地位、

ステータスを愛と勘違いしてしまうのです。

本書はこのステイタスの不安から抜け出すための術を考えます。

もうひとつの愛を哲学する―ステイタスの不安

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧