『トランプ自伝』

 

 

 

この本の内容は、

1980年代に「トランプ・タワー」「トランプ・プラザ」などの大規模開発を次々に手掛け、

「アメリカの不動産王」として名を馳せたトランプ。

一代で巨万の富を築いたその成功の裏には、

大胆な発想と緻密な計算、そして粘り強い交渉力があった。

市当局や銀行との折衝、提携先やライバル企業との攻防などを生々しく描き、

全米ミリオンセラーとなった初の著書となっている。

アメリカを代表するトランプ大統領が、

どのような人物で、

どのような経歴を持っているのかが、

この一冊に分かりやすくまとめられています。

ぜひ一読を。

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧