『新装版 虚無への供物(上)』中井英夫

「ただの事故なのか?」

もしくは、

「殺人なのか?」

 

曽祖父が狂死、
祖父は函館の大火で焼死、
両親は昭和29年の洞爺丸沈没事故で溺死、

 

氷沼家の暗い歴史に怯える蒼司、紅司兄弟、
従妹の藍司の不安が現実のものとなる。

 

そして、
密室状態の風呂場で紅司が変死、
さらに叔父の橙二郎も密室でガスにより死亡。

 

ここまで立て続けに死ぬのは一体なぜなのか?

 

自称「探偵」と名乗る複数の人たち。
彼らが繰り広げる推理合戦。

最後は誰もが想像できない結末になっています。

ぜひ、ご一読ください。

新装版 虚無への供物(上)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧