『服従の心理』スタンレー・ミルグラム

本書は社会を震撼させた驚愕の実験
「ミルグラム実験」を扱った本。

この実験は、イェール大学の心理学者、
スタンリー・ミルグラムが行った実験で、

権威を持った人間の命令に従う
服従の心理の特徴

を明らかにしたもので、
心理学の講義では必ず出てくる名著。

ナチスの親衛隊将校
アドルフ・アイヒマンは、
数百万人ものユダヤ人を収容所へ移送。

のちに裁判で
「権威ある者の命令に従っただけ」
と人の虐殺は自分には責任がない主張したところから
着想を得て始まった実験。

「ヒトは権威に命じられると(そして責任を取らなくていいと保証されると)どんな残虐行為に対しても葛藤やストレスを無視できる」

と実験では記された。

権威ある人間の理不尽な要求に
人間はどこまで従うのか

を解明。

権威のある人間が命令すれば、
人は人殺しもするのか?

心理学の名著である本書を紹介。
その衝撃の実験報告をぜひ。

服従の心理

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧