『毎日15分自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる』池田潤

 

「思うように結果が出ない」

「考えたとおりに行動できない」

「いつも大事なところで逃げてしまう」

 

そんなことってありませんか?

そして、そんな自分に対して

 

「なんで俺はいつもこうなんだ!」

「なんでこんなこともできないんだ」

「自分は本当にどうしようもなくダメな人間なんだ」

 

そんなふうに自分を責めてしまったことはありませんか?

 

受験

仕事

恋愛

人間関係

 

生きていく中で

全てが順調にいくことはほとんどありません。

 

誰でも失敗したり悩みを抱えることがあります。

 

そんな時にその悩みを解決できる人と

さらに深みにはあって抜け出せなくなる人の違いは

何なのでしょうか?

 

それは

「自分と向き合えているかどうか」

です。

 

もっと言えば、

自分の『恐怖』

と向き合えているかどうかで

 

悩みを解決できるかどうかが決まってしまうのです。

 

「恐怖と向き合う」と言われても

もしかしたらいまいちピンとこないかもしれませんが

例えばあなたはどんなことを言われたら怒りを感じますか?

 

「お前は本当バカだな」

「キモいんだよ」

「〇〇くんって意外に背低いんだね」

 

もしも誰かに何かを言われた時に

イラッとしたり、ムカついた時には

それがあなたの感じる恐怖なのです。

 

そんな自分を許せていないから、

図星を指摘された時に思わずカッとなってしまうんですね。

 

そしてこの本では

そんな自分の「恐怖」と向き合うことの大切さ

「恐怖」との向き合い方について

教えてくれています。

 

「恐怖と向き合わなくても、今が楽しければそれでいい」

そんなふうに思う人もいるかもしれません。

 

でも、本当にそうでしょうか?

恐怖と向き合わなければ、あなたはこれから先、

一生同じことから逃げ続ける人生を送ることになります。

 

・上司が気に入らなかったら転職を繰り返す

・好きな人がいても恥ずかしくて声をかけられないから待ち続ける

 

同じ過ちを繰り返して自分を責めたり、

逃げてる自分に負い目を感じながら

本当に楽しい人生は送れません。

 

でも、恐怖と向き合ってダメな自分さえも受け入れられるようになれば

人生は全く違ったものになります。

 

ダメな自分を許して受け入れられるからこそ

夢や目標に向かって真っ直ぐに頑張れるようになります。

 

この本の著者である池田潤さんも

小さい頃から恐怖と向き合い、克服してきたからこそ

同じ悩みを持つ人のためにこの本を書いた、と言っています。

 

いつも同じ悩みに苦しんでいる人こそ

ぜひ読んでもらえたらと思います。

『毎日15分自分と向き合えば、「欲しい結果」がついてくる』はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧