『町でいちばんの美女』チャールズ・ブコウスキ

廃れ荒廃しきっていた「私」

 

しかし、

 

町でいちばんの醜男である「私」と、

町でいちばんの美女キャスが、

 

バーで出会い、恋に落ちます。

 

キャスは稀にみるしなやかな体の持ち主で、繊細で情熱的でした。

 

一方で自傷癖があり、

たびたび、顔にピンを刺したり、ガラスで首を切りつけたりしては、

 

「これでも私は綺麗?」

 

と聞きます。

 

「俺が傷つくから、せっかくの美しい体に傷をつけないでくれ」

 

と頼み、抱きしめると、キャスは声を殺して泣くのでした。

 

朝を迎え食事を作り、浜辺で昼寝をする日々に、

二人は束の間の幸福を感じますが、

それはあまりにも突然終わりを迎えます。

 

続きが気になる方は、ぜひご一読ください。

 

町でいちばんの美女

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧