『神は妄想であるー宗教との決別』リチャード・ドーキンス

なぜ、人々は神を信じ宗教を信じるのでしょうか?

宗教はなぜ特別的な扱い方をされるのでしょうか?

税金、戦争、テロなど、何かと理由をつけて正当化します。

神の思想だから、宗教の決まりだから、、、、。

 

 

著者のリチャード・ドーキンスは科学者の目線から論理的な考えで

神を宗教を批判していきます。

神や宗教がこの世の中へ及ぼす大きな被害を少なくするために。

 

熱烈な無神論者・反宗教主義者・科学的合理主義者である

リチャード・ドーキンスの言葉を一つ一つ紐解いていきます。

ぜひ、ご一読ください。

神は妄想であるー宗教との決別

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧