『21世紀の借金論 お金を借りればパラダイス』長倉顕太

本日は、長倉顕太さん、小堺桂悦郎さんの

 

『21世紀の借金論 お金を借りればパラダイス』

 

を紹介します。

 

 

 

あなたは

 

借金について

 

どのような考えをお持ちですか?

 

「借金は悪いこと」

 

恐らく、そのように思っていませんか?

 

 

 

この本の著者である長倉顕太さんも、かつては

 

 

 

「借金はする人はダメな人」

 

「借金をすれば人生が終わる」

 

「借金している人は人生に失敗した人」

 

と借金は人生の終わりと思っている一人でした。

 

 

 

そんな彼が変わったキッカケは

 

小堺桂悦郎さんとの出会いでした。

 

そしてその時思ったのが、

 

「稼いでいる人は借金をしているのか」

 

「借金はした方が得じゃないのか」

 

といういことでした。

 

 

 

なぜ、借金することがいいことなのか

 

「腑に落ちる」とはこのこと、と感じて頂けるでしょう。

 

 

 

ぜひ、ご一読ください。 

『21世紀の借金論』はこちら

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧