『ONE 「1つになる」ということ』加藤秀視

本日は、加藤秀視さん著

『ONE 「1つになる」ということ』

を紹介します。

 

あなたも多かれ少なかれ、人間関係に悩んだことはありませんか?

 

多くの人にとっての悩みの大半は

「人間関係」と言われています。

 

ところが、巷では

「話し方」「伝え方」「コミュニケーション術」「NLP」

といった小手先のテクニックを教える本ばかりが氾濫しています。

 

本、ネットを始め私たちは

たくさんの情報を集めることができるわけです。

 

でも、それで果たして解決できましたか?

 

実際に、集めた情報を使って

それらを生かしている人はほとんどいません。

 

そう、

 

私たちは答えがわからないことが問題なのではなく

答えどおりに行動できないことが問題なのです。

 

例えば、ダイエットもそうですよね?

食べなければ痩せるのは誰でもわかります。

でも、食べちゃう。

だから、困ってしまうのです。

 

つまり、私たちは困った時に

問題を把握できるし

それを解決する方法も見つけ出せるわけです。

 

だからこそ、重要なのは

そうすれば行動できるかを知ることです。

 

この本ではコミュニケーションを入り口にしていますが

その中で、なぜ私たちが行動できないのか

どうすれば行動できるのかを教えてくれています。

 

ですので、

・いつも最後の最後で行動できず諦めてしまう

・行動することで失敗するのが怖い

・頭ではわかっていても体が動かない

という方はぜひ、手に取ってもらえたらと思います!

 

『ONE 「1つになる」ということ』はこちら

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧