『Where is my mind 【日本語版】: 不感症から脱出する方法』長倉顕太

この本はファクトリー出版会長の長倉が

2017年8月にアメリカで出版しました。

 

発売直後から売上を伸ばし

「全米総合7位」に加え

3つの部門でカテゴリ1位を獲得!

 

さらに

 

ウォールストリートジャーナルのノンフィクション部門で

第3位のベストセラーにランクインしました。

 

 

他人の価値観に翻弄される

現代人を的確に表現したメッセージ

 

『Where is my mind』

 

映画「ファイトクラブ」のエンディングに流れる

『Where is my mind』をそのままタイトルに!

 

「自分は何者なのか?」

「自分はどこにいるのか?」

 

自分探しから「自分で世界観を創る」方法を解説。

 

Chapter 1 We are all dead

Chapter 2 We are all slaves

Chapter 3 We are all money mad

Chapter 4 We are all brainwashed

Chapter 5 We must be shit

Chapter 6 We are NOT slaves

 

全6章にわたって

 

私たちが無意識に社会の価値観にはめ込まれ

いかに、不自由な生活を強いられているか

 

そして、それを抜け出すためにどうすればいいのかを

お伝えします。

 

長倉は10年間出版社で働いたことで

 

累計1100万部、300億円以上の売上をもたらすと同時に

サラリーマンとして働くことへの窮屈さ、不自由さも感じていました。

 

そして、独立してからは

 

同じように苦しんでいる人を対象に

彼がより自由自在な人生を送れるための活動を行ってきました。

 

その、長倉のエッセンスを濃縮した今回の書籍は

あなたのマインドだけでなく、行動も変えてくれる1冊です!

 

ぜひ、ご覧下さい!

『Where is my mind 』の詳細はコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧