【二転三転女子】 著者:藤平玲加

「何をしたいかわからない・・・」

でも、

今の現状を変えたい。

 

そんな、

何をするのにも勇気の出ない人に

読んでもらいたい一冊です。

 

ごく一般的に育ち、普通の女の子だった筆者が

父親の会社の倒産から、

「お金の稼ぎ方やこれからどうやって生きていくか」

ということを考え、行動し

 

18歳で女大工となり、

その後は、

銀座ホステスから

ピラティストレーナーという

 

まさにタイトルの通り『二転三転』を繰り返しながらも

 

その時々に起きる出来事、マイナスとも思えることにも

筆者のユニークかつ好奇心溢れる視点を使い、

 

様々な角度から物事を捉えることで

どのようにしたら

「自ら新しい生き方を切り開いていくことができるのか」

を物語のようにして教えてくれる書籍です。

 

〜感想〜

免許や資格、経歴といったものに囚われないで「ゼロからのスタート」に挑戦し続ける

涙が出るほど悔しい思いをしながらも諦めないで行動し続ける

そんなひたむきな筆者の姿は「行動しようとしているけど一歩踏み出せない人」

に向けて、勇気と元気を与えてくれると感じました。

 

最近チャレンジすることを忘れてしまっていた私も

何か小さいことでも良いので「チャレンジし続けて生きたい」

そう思わせてくれる書籍でした。

 

『二転、三転、転職女子: 終わらない挑戦』はこちら

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧