【夜と霧】

本書では、

第二次世界大戦中のナチス収容所を舞台に、

監督官に虫けらのように扱われた収容者たちが いかにして、

精神の平衡を保ち、 生を保存することができたのか。

 

主人公であり、

心理学者で精神科医だった本書の著者

 

ヴィクトール・エミール・フランクル

 

の日記から

当時の雰囲気をそのままに享受できる内容となっております。

 

日本をはじめ世界的なロングセラーとして

600万 を超える読者に読みつがれている

「夜と霧」。

 

本書を読む事で、

 

「生きる」

 

とは何か?

を考えさせられる

あなたの人生観へ多大な影響を与えること間違いなしの

内容となっておりますので、

 

ぜひご一読を。

 

夜と霧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧