【教誨師(きょうかいし)】

本日、ご紹介するのは、

—————————————
『教誨師』(きょうかいし)
堀川恵子(著)
—————————————

です。

聞きなれない言葉ですが、

「教誨師(きょうかいし)」
というのは、

 

監獄内における受刑者へ、
その非を悔い改めるよう教えさとす職業

のことを言います。

 

民間人で唯一、
死刑囚と対談することが許された

たぐいまれな職業ですね。

本書では、
そのような、教誨師として、

50年にもわたって、活動を続けた、

主人公の体験談

を描いた作品となっています。

 

物語内では、
かの有名な

・ホテル日本閣殺人事件
・三鷹事件

の犯人であり、
死刑囚である人物も登場しており、

死刑囚となって、初めて、

「 死 」

を意識するようになった人間の奥底に眠る

・考え方
・思考の変化

が赤裸々に描かれています。

 

普段、なかなか意識することのできない、

「死」

について考えさせられ、
物事に対する

考え方や見方
あなたの人生観

に大きく影響することの間違いない、

一冊となっています。

ぜひ、
ご一読ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧