【黒い雨】

 

本書は、

第二次世界大戦中、

日本の広島に爆弾が落とされ、

爆風とともに、

多大な死者が出ていた中、

幸福にもたまたま実家の広島から離れていた、

矢須子とその家族。

そんな中、第二次世界大戦が終わり、

平和に思えた日本だったが、

ある日原爆が落とされた広島に、

身体に触れただけで被爆をし、

急性放射線障害により死に至らしめる

「黒い雨」

が降り始めた。

そんな広島で

婚期を迎えた彼女だが、

縁談が持ち上がるたびに被爆者であるという噂が立ち、

縁遠いままなのである矢須子。

そんな折、

矢須子にまたとない良い縁談が持ち上がる。

この話をぜひともまとめたい重松は、矢須子に厳重な健康診断を受けさせた上、

自身の日記を取り出して清書しようとする。

矢須子が原爆炸裂時、広島市内とは別の場所にいた=被爆者ではないことを証明するためだった。

しかし、その日記の中には

矢須子が黒い雨に打たれていたことが書いてあった。

つまり矢須子は被爆していたということだったのだ・・・。

 

 

この小説は、

1966年に第19回野間文芸賞を受賞したのち、

1987年に映画化された作品です。

 

本書を読むことで、

広島に原爆が落とされた時の日本の姿や、

「黒い雨」

によってどのような症状を引き起こし、

亡くなっていくのかなど、

戦争がどれだけ人を苦しめる存在なのかを学べる

小説となっておりますので、

ぜひ一読を。

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧