副業本業として

  • HOME
  • 副業本業として

出版を手がけるにあたって
「電子書籍って稼げるの?稼げないの?」
と言う質問を非常にたくさんいただきます。

結論から言うと、

『稼げますし、稼げません』

と言うことです。

あなたがどれくらい稼ぎたいかによって基準が異なります。

本の印税だけで100万、200万円稼ぐというのも不可能ではありませんが、
あまり現実的ではありません。

印税で稼ぐとすれば多くても20~30万円くらいが現実的なラインです。

ただ、それでもサラリーマンの月収くらいは稼ぐことができます。ですので、副業にすることもできますし、軌道に乗せればそれで独立することも可能です。

安定的な収入を確保しつつ余った時間は好きに使えるようになります。そういう意味でも最低限の生活の保障になるので、嫌な仕事に時間やエネルギーを取られて無駄なストレスを溜め込んでいる人にとっては十分な稼ぎと言えるのではないでしょうか。

また、出版をキッカケに100万、200万あるいはもっと稼ぎたいという人もいるかもしれませんが、もちろんそれも可能です。

そういった場合には印税ではなく、出版を利用してその周辺のビジネスで稼ぐこと。例えば

・出版コンサルティング
・講演会
・企業とのタイアップ

などです。出版によって自分のポジションを確立することで、驚くほど仕事の依頼が殺到します。

そのような仕事を本業として年収2000万、3000万と稼いでいる人たちも数多くいます。